万一の飛び出しを防ぐために

 

運転中や家の中で一定の空間から飛び出すことを防ぐためにはペットガードをお勧めします。犬の場合には後部座席にペットガードをつけて運転のときに移動されないように敷居をつけることができますし、家庭内でもペットガードを使うことによって、生活空間とペットと過ごす場所を明確に分ける、という方法があります。

 

 

特に車の場合には万一、飛び出しを防ぐためには、ある程度の予防的な措置を取っておくことが望ましいといえます。

 

 

運転のときには、音や振動などがペットのストレスになってしまい、しつけがしっかりとされていない小型犬にはストレスとしてなってしまうことがあります。

 

 

このようなときには飛び出しの原因になり、飼い主が運転のときに余計なことに気を取られてしまい、運転の操作を間違ってしまい事故になってしまう危険があります。

 

 

車に設置するペットガードの場合には車種によっては取り付けが難しいタイプや、純正品と規格外の製品では使えないことがあるので、注意をよく確認して取りつけることをお勧めします。

 

 

また、取り付け方が十分でないと、途中で外れてしまいペットが飛び出してしまう危険性もあるので、取り付けのときには十分に固定されているか確認してください。

pet04_l