Author Archive

活用する際の注意点

 

 

 

ペットガードは万能の壁ではありません。ペットガードにも弱点が存在しています。それをしっかりと理解した上で使うようにしてくださいね。まずペットガードは設置する場所が限られます。その大きさにしっかりと合うところでないと意味がありません。少しでも隙間があるとペットによりこじ開けられる場合がありますので注意をしましょう。また、ペットの賢さによっては柵の部分を手で引くということもありますので注意をしてください。次に、ペットガードの高さです。

 

 

基本的にペットガードは小型犬から中型犬までのものですね。だから、それ以上の大型犬やジャンプ力が高い犬の場合はそのペットガードを飛び越されることがありますので注意でしょう。そして、何かしらの足場近くにあることで、そこから飛び越すということもありますので注意です。そして最後に、ペットガードによっては押せば倒れる方向というのがあります。それをしっかりと考えて設置していないと押されてペットガードを倒すことがありますので注意しましょう。

 

 

まあ、両方ストッパーがあれば問題はありませんがね。このような弱点がペットガードには存在します。一部ペットガードによってはということがありますが、上手く使えばかなり有効的に使用することができる壁ですからよく考えて使用をしてくださいね。

車に乗せるのに便利

 

 

 

近年ではペットを飼うという人が増えてきました。ペットを飼っているのであればやはりどこかに一緒に出掛けたいと思う人もいるのではないでしょうか。車を持っている人ならばドライブに行きたいと考える人もいると思います。

 

 

車にペットを載せても大丈夫なのかと心配する人もいるかもしれませんが、最近では車用のペットのグッズというものが多く登場しているのです。なので、ペットとドライブに行きたいと思っている人はこういったものをしっかりと用意しておくようにしましょう。たとえばペットを車に乗せる場合後部座席に乗せてもいきなり前方座席へ来てしまうということがありますよね。運転中に来られるとハンドルを取られて事故につながってしまうということも考えられます。こういったことが起こらないようにおすすめなのがペットガードなのです。

 

 

 

これは後部座席に取り付けることで、犬との仕切りを作ることができるのです。これならば前方座席にいきなり入り込んでくるということもなくなるというわけです。また最近では犬用のスペースを作ってこのペットガードを利用することで、快適に犬を載せることもできるようになってきています。ペットとドライブに行きたいと考えている人はこういったものを利用してみてください。

安全で快適なドライブ

 

 

 

ペット、主に犬を車に乗せてドライブをしている際に、窓を開けて外の風景を除かせている事がありますが、その行為は「トラブル」の原因になります。もし、近くに車が通ってしまったり、車に強い衝撃が加わって犬が転落してしまったりする可能性も十分にあると考えられます。犬は窓を開けないで車内で大人しくさせていると車酔いを感じる事や、運転手を邪魔してしまう事等あるために、窓を開けて気分転換させる事も十分に必要な事ではあります。しかし、せめて外の空気を吸わせたり、気分転換させたりするのにも安全を確保した上で行なう事がおすすめになります。

 

 
安全を守りつつ、快適にドライブする為にはペットガードを利用するのがおすすめになります。これは、窓の部分に装着する事が出来るアイテムで、窓を開けても、首を外に出す事が出来ない様になっています。という事で身体が外に放りだされることも無くなるので。ドライバーは安心して運転に集中する事が出来ます。

 

 

荒めの網状になっているので、外の空気を吸う事も出来ますし、風景も見る事が出来る様になっています。取り付けもそこまで難しい事はなく、手軽に取り付ける事が出来ます。ペットを乗せてドライブをする事が多い人は是非ゲットしておく事をお勧め致します。

窓を塞いで安全に

 

 

 

公道を走行している車で見かける事の多い姿には、車の窓からペットの顔が出ている風景が稀に見られますが、本来であれば危険な行為でもあるため、極力避ける事が望ましいと言えます。身を乗り出してしまったり、ギリギリの距離で車が近づいてきてしまったりすると、大怪我を患ってしまう原因になります。外の風景を見せてあげる、気分転換させる、良い空気を吸わせてあげるという事ではもちろん良い事ですが、出来るだけ身を車外から乗り出さない様にしてあげる事、加えて飛び出してしまう可能性を無くするのがより安心出来ると言えます。

 

 
一番手っ取り早い改善策としては元よりウィンドウを開けない様にしておく事が良いです。しかしそれでは車内の臭いや振動によって車酔いを引き起こしてしまったり、精神が不安定になったりしてしまいます。よりペットの安全を確保し、よりよい環境で移動をさせてあげるにはペットガードを活用するのがおすすめです。

 

 

車の窓の部分に設置出来るものですが、荒い編み目状になっているので飛び出す事はもちろん、首を乗り出す事も出来ないので安心です。取り付けや取り外しも簡単に行なえるので是非手に入れておくと安心して運転する事ができます。

侵入を許さないようにする

 

 

 

ペットガードを上手く使うことで、ペットの侵入をある程度抑えることができます。ただし、大きさに注意をしてください。ペットガードでガードできない場合もありますので注意をしましょう。ペットガードを使用することで、道を塞ぐことができるでしょう。

 

 

普通のドアがあるところはドアを閉めることで侵入を阻止することが出来ますが、普通の道はそうはいきません。それに家の構造によってはドアが少ないところもありますね。その場合などはこのペットガードを使用すると良いでしょう。侵入をさせたくないところにペットガードをおくことで解決することができるかもしれません。ただ、このペットガードがしっかりとおける位置でないといけないので注意しましょう。

 

 

道に置きたくてもペットガードの幅が明らかに足りないや狭すぎるといった場合はペットガードが設置できません。だから、サイズを良く考えて設置をするようにしてください。あと、考え方次第でペットガードを乗り越えられる場合がありますので注意です。周りにいろいろとあると意外なところで盲点をペットから出されることがありますので注意しましょう。

 

 
ペットガードを設置することである程度の侵入を防ぐことができます。特に廊下が家に少しでもあれば結構使うことができるでしょう。だから、上手く使うようにしてくださいね。ちなみに、一番よく使われているところは階段です。

ドライブを楽しむのにおすすめ

 

 

家族として「ペット」を認識をしている人も多くなってきているのではないでしょうか。やはりペットを飼っている人にとって犬や猫というのはとても大切な存在になりますよね。車などを持っているという人はペットを連れてどこかにドライブに行きたいと考える方も多いのではないでしょうか。そういったときにはペットのためのグッズを用意しておく必要があるのです。

 

 

ただペットを車に乗せるというだけでは危険がつきものです。車内といってもそれほど広いわけではありません。しっかりとペットが入ることができるスペースを作ってあげることが大事ですよね。そういったときのためにグッズとして人気なのがペットガードなのです。これは後方座席に取り付けることによって犬が前方座席へ来ることを防ぐためのものなのです。最近では後部座席に犬のためのスペースを作るというものも登場しています。

 

 

 

こういったときに気になるのはしっかりと後ろを確認することができるのかということだと思いますが車用に作られているペットガードの多くは後方の邪魔にならないように作られていることがほとんどです。なので、犬や猫といったペットを車の中に乗せたいと思っている人はこういったものを用意していおきましょう。

安全を守る壁

 

 

 

ペットガードというペットにとっては壁になるものがありますね。これを設置することで、かなり危険なところにペットを行かせない状態にすることができます。だから、これを設置することでかなり安定したペットライフをすることが出来ますね。

 

 
ペットガードは、基本的にはどこでも設置することができます。大きさなどで少し変わりますが、ペットを立ち入り阻止するためにおくことでそれを壁として使うことができるでしょう。だから、複数持っていれば広範囲で囲むことも出来ますね。しかし、あまり小さいところに設置することが出来ないので注意です。まあ、その場合は入口付近にガードを使えば良いですね。

 

 
基本的にペットガードは壁と言っても、柵でできているのがほとんどでしょう。だから、ペットからすれば壁の向こうが見えるようになっています。それがペットにとってはストレスにならなくて良いですね。故に、その拝領がペットには良いのでそのようなものを使ってみることをオススメします。ちなみに、ペットサイズに注意をして購入してください。そうしないとバリケードの意味がありません。あと、ペットガードの置き場もよく考えてください。置き場所が無いと相当邪魔くさいので注意です。

運転の阻害予防

 

 

より安全で集中して車の運転を行なうには、同乗者はドライバーに対して集中力を奪う様な行為を極力行なわない方が望ましいと言えます。人であれば、ある程度の気を使い、危険になる行為はさけ、会話で気を紛らわせる事が必要な時は話す、といったように臨機応変に対応する事が可能にはなりますが、ペットに犬を飼っているとどうしても運転を邪魔されてしまいそうな事になるのも珍しい事ではありません。

 

 

多くは後部座席でフリーにしていたり、助手席で「抱っこ」させていたりする様な形をとっている事が多いですが、後部座席に置いている場合、興奮した犬は運転席に身を乗り出してくる事も珍しくありません。
安全な方法をとるという事であれば、後部座席と運転席の狭間に仕切りを作ってしまう事がおすすめです。

 

 

それを目的にしたペットガードという事で商品が販売されていますが、運転の阻害を予防するという事ではとても便利なアイテムなので、自家用車にペットの犬を乗せる機会が多いという場合には是非持っておいた方が良い商品と言えます。ただ、より安全を高めるという事では、ペットに対して「シートベルト」も同様につけておくと、ペット自身の安全を確保する事に繋がるのでいいでしょう。

ペットのにおいがついている

 

 

動物は人間よりも敏感な嗅覚をもっており、一度ほかの犬や猫が使ったものであれば極端に嫌がることがあります。ペットガードを使いまわすと、それがストレスになってしまうことがあるので、十分に清掃をした、といっても負担になってしまうことがあるので、室内、車内で使用する場合には、ほかの犬や猫のことを考えるのであれば、買い替える、ペットの様子をよく確認するようにしてください。

 

 

動物は人間と違い、ストレスを直接、飼い主に表現することができません。そのため、ストレスをため込みやすく、それが原因になって病気になる、大量の抜け毛などにつながる、ということも珍しくありません。アルコール消毒くらいでは完全には匂いを取り除くことができず、小型犬の場合にはゲージに入ることを極端に嫌がることがあります。

 

 

もちろん、小さいときから一緒に飼っているペットの場合にはそれほど嫌がらないですんなりと入ることもあるので、このあたりは各ペットの反応にも十分に気を配っておくようにすることがお勧めです。なるべく飼い主が余計な負担をかけないように、十分に配慮をできるようにしておくことが、安心してペットを飼い続けることにつながるので、ぜひ活用してみてください。