活用する際の注意点

 

 

 

ペットガードは万能の壁ではありません。ペットガードにも弱点が存在しています。それをしっかりと理解した上で使うようにしてくださいね。まずペットガードは設置する場所が限られます。その大きさにしっかりと合うところでないと意味がありません。少しでも隙間があるとペットによりこじ開けられる場合がありますので注意をしましょう。また、ペットの賢さによっては柵の部分を手で引くということもありますので注意をしてください。次に、ペットガードの高さです。

 

 

基本的にペットガードは小型犬から中型犬までのものですね。だから、それ以上の大型犬やジャンプ力が高い犬の場合はそのペットガードを飛び越されることがありますので注意でしょう。そして、何かしらの足場近くにあることで、そこから飛び越すということもありますので注意です。そして最後に、ペットガードによっては押せば倒れる方向というのがあります。それをしっかりと考えて設置していないと押されてペットガードを倒すことがありますので注意しましょう。

 

 

まあ、両方ストッパーがあれば問題はありませんがね。このような弱点がペットガードには存在します。一部ペットガードによってはということがありますが、上手く使えばかなり有効的に使用することができる壁ですからよく考えて使用をしてくださいね。