運転の阻害予防

 

 

より安全で集中して車の運転を行なうには、同乗者はドライバーに対して集中力を奪う様な行為を極力行なわない方が望ましいと言えます。人であれば、ある程度の気を使い、危険になる行為はさけ、会話で気を紛らわせる事が必要な時は話す、といったように臨機応変に対応する事が可能にはなりますが、ペットに犬を飼っているとどうしても運転を邪魔されてしまいそうな事になるのも珍しい事ではありません。

 

 

多くは後部座席でフリーにしていたり、助手席で「抱っこ」させていたりする様な形をとっている事が多いですが、後部座席に置いている場合、興奮した犬は運転席に身を乗り出してくる事も珍しくありません。
安全な方法をとるという事であれば、後部座席と運転席の狭間に仕切りを作ってしまう事がおすすめです。

 

 

それを目的にしたペットガードという事で商品が販売されていますが、運転の阻害を予防するという事ではとても便利なアイテムなので、自家用車にペットの犬を乗せる機会が多いという場合には是非持っておいた方が良い商品と言えます。ただ、より安全を高めるという事では、ペットに対して「シートベルト」も同様につけておくと、ペット自身の安全を確保する事に繋がるのでいいでしょう。