侵入を許さないようにする

 

 

 

ペットガードを上手く使うことで、ペットの侵入をある程度抑えることができます。ただし、大きさに注意をしてください。ペットガードでガードできない場合もありますので注意をしましょう。ペットガードを使用することで、道を塞ぐことができるでしょう。

 

 

普通のドアがあるところはドアを閉めることで侵入を阻止することが出来ますが、普通の道はそうはいきません。それに家の構造によってはドアが少ないところもありますね。その場合などはこのペットガードを使用すると良いでしょう。侵入をさせたくないところにペットガードをおくことで解決することができるかもしれません。ただ、このペットガードがしっかりとおける位置でないといけないので注意しましょう。

 

 

道に置きたくてもペットガードの幅が明らかに足りないや狭すぎるといった場合はペットガードが設置できません。だから、サイズを良く考えて設置をするようにしてください。あと、考え方次第でペットガードを乗り越えられる場合がありますので注意です。周りにいろいろとあると意外なところで盲点をペットから出されることがありますので注意しましょう。

 

 
ペットガードを設置することである程度の侵入を防ぐことができます。特に廊下が家に少しでもあれば結構使うことができるでしょう。だから、上手く使うようにしてくださいね。ちなみに、一番よく使われているところは階段です。